Archive for 12月, 2014

アーユルヴェーダって何?

Posted in アーユルヴェーダ | アーユルヴェーダって何? はコメントを受け付けていません。

アーユルヴェーダとは

テレビの海外旅行特集でもたびたび見かける「アーユルヴェーダ」について興味を持っている人も多いことでしょう。
女性は特にスパやエステ等に興味があるので、海外旅行でも必ず行きたい場所といった声が多く聞かれます。

アーユルヴェーダについても近年認知度が高まっており、スリランカやインドなど南アジア旅行の際は、ぜひとも行ってみたいといった人が多いことでしょう。
実際に体験して病みつきになっている人も多く見られます。

ところでアーユルヴェーダは一体どこが発祥なのでしょうか。
テレビでは盛んにインドを取り上げていることから、インドだと思っている人もいますが、実はスリランカ発祥なのです。

アーユルヴェーダの歴史

アーユルヴェーダですが、古くからスリランカで受け継がれてきたものであり、歴史については3000年以上前からあるとまで言われているほどです。
3000年以上前の歴史を越えて現代も多くの人に親しまれており、スリランカでは単なる治療ではなく、薬物治療よりも上のポジションでスリランカの人々にとっては生活でも大変密着したかかわりを持っています。
まさしく伝統療法とも言われており、「生きるための術」として多くの人に愛されています。

アーユルヴェーダですが、病気にも効果が高いといわれており体はもちろん、心のケアについても有効とされています。
気持ちを穏やかにさせる効果も抜群であり、広く浸透しています。

本場のスリランカ

近年では近代医療を受ける人が増えています。
スリランカの人々にとっては、決して安くない医療費です。
高額な医療費をうけるよりもアーユルヴェーダのほうが良いといった人も多いことから、今もなおスリランカの人たちが体が不調の際は、アーユルヴェーダを受ける人が圧倒的に多くその割合は75%とも言われているほどです。

効果も抜群なことから近年ではスリランカに限らず、他国からも注目を集めており治療のためにわざわざスリランカを訪れる人もいるほどです。
アーユルヴェーダは自然ハーブを利用しており、体への副作用も一切心配がありません。
自然のエキスたっぷりのオイルを利用する治療法であることから、まさしく自然の恵みといわれています。

3000年以上にわたって歩まれてきた歴史は確かなものであり、スリランカの人にとってかかすことができないものとなっています。

最近体調が思わしくないといった人は、まずはためしに受けてみたいといった人は、ぜひともやってみる価値はあること思います。
リフレッシュの意味でもぜひとも活用したいところですね。

近代医療はアジア各国でも普及しつつありますが、まだまだ昔ながらのやり方で実践している地域も少なくありまません。
昔ながらの良さがあるからこそ、多くの人に愛されており私たちも生活の中でもそれが活かされていくのです。